愛媛大学 施設基盤部

環境対策について

環境対策について

日本のエネルギー方針を受け,見える化(意識改革効果),効率化(設備改修効果),最適化(ダウンサイジング,チューニング,運用改善等)によって本学の目標達成を目指します。

環境対策チームは,「愛媛大学環境・エネルギー管理規程」に基づき,環境・エネルギーマネジメントシステムの計画,省エネ対策工事の実施,各部局等における適切なエネルギー管理の実施状況の把握,エネルギー管理標準の運用管理及び省エネルギー活動の推進に努めています。
エネルギー管理標準で室温の基準を設けています。設定温度ではないので,ご注意ください。夏季で28℃以上,冬季で19℃以下です。冷房期間は7月~9月中旬,暖房期間は12月~3月中旬となっていますが,あくまで原則ですので,空調の運転期間以外に室温が28℃を越える又は,19℃未満の場合は,必要に応じて適宜運転をお願いします。

エネルギー管理表彰受賞歴

エネルギー管理標準に基づく計測記録【学内限定】

環境・省エネ巡視【学内限定】

省エネ対策工事実績【学内限定】

省エネ診断【学内限定】

建物整備における省エネ対策標準仕様【学内限定】

フロン排出抑制法【学内限定】

設備運用マニュアル一覧

空調設備

PAR-33MA

空調設備

清掃方法
設定方法
※PDFを開くには,パスワードが必要です。(操作担当者限定)

G-150AD

集中リモコン

設定方法
※PDFを開くには,パスワードが必要です。(操作担当者限定)

集中リモコンにより複数のエアコンの操作が一度にできるようになります。普段,人の出入りが少なく 気づきにくい消し忘れやエアコンが故障した場合などのオン・オフが可能になります。担当者以外が操作することのないよう取扱いにはご注意願います。

空調設備集中コントローラ運用マニュアル
Return TOP