愛媛大学 施設基盤部

高圧ガス管理について

高圧ガス管理について

学内規程等

  1. 1)(様式1)高圧ガス容器(ボンベ)自主点検票(Excel)
  2. 2)(様式2)高圧ガス容器(ボンベ)自主点検報告票(本部提出用)(Excel)

第3条 この規程において「高圧ガス」とは,高圧ガス保安法第2条に規定するものをいう。

高圧ガスの取り扱い(発注)方法について

高圧ガス保安法に準拠した帳簿整備を行うため,愛媛大学城北地区(文京町2番地区および3番地区が該当)では,高圧ガスの取り扱い(発注)方法を以下の手順で行って下さい。

  1. 1)下記のエクセルファイル「高圧ガス管理簿(兼発注票)【城北用】(Excel)」に,1~8の項目を発注者が記入して下さい。なお,ボンベごとに1つのエクセルファイルを準備して下さい。複数のシートを1つのエクセルファイルにまとめると,ボンベは1本の発注となります。
  2. 2)記入済みの様式を使って,電子メールあるいはFAX等で高圧ガス供給事業者へ発注して下さい。
  3. 3)高圧ガス供給事業者は,ガスボンベ納品時に経理調達課で必要なエクセルファイルを提出して検収を受けます。エクセルファイルに未記入項目があると,検収はされません。その後,供給事業者がボンベタグをつけて,ガスボンベを発注者のところへ届けます。
  4. 4)使用中の高圧ガスボンベのバルブに「高圧ガスボンベ開閉札」をつけて下さい。また,高圧ガス空ボンベには「空」の札をつけて下さい。
  5. 5)高圧ガスボンベのレンタル期間は1年ですので,1年以内に高圧ガス供給事業者に返却の連絡をして下さい。なお,1年以上レンタルボンベが返却されない場合,高圧ガス供給事業者が引き取りに行く場合がありますので,ご注意願います。
  6. 6)高圧ガス供給事業者は,高圧ガスのボンベを回収して,ボンベタグを経理調達課へ返却します。

法令集

高圧ガス関連の資格・講習について

「高圧ガス保安法」では,高圧ガスによる災害を防止するため,高圧ガスを製造する機器等に関するハード面の技術基準による規制だけではなく,高圧ガスを取り扱う事業所には,一定レベル以上の技術能力を持つ保安責任者等の配置が義務づけられており,本学でも教職員の資格取得を支援しております。積極的に担当までご相談下さい。

Return TOP